奇跡的な日本語学習ブログ A Miraculous Japanese Blog (AJATT)

以前書いたのが、初めて漢字を勉強した時、同時に読み方・書き方・単語を吸収できなくて、難しすぎると見てしばらく日本語を諦めてしまった。その後、日本語の代わり作曲や仕事に集中して、簡単に覚えたひらがな・カタカナは鈍くなってしまった。I wrote about this a bit before, but I failed at learning kanji the first time because I was trying to study the writings, readings and vocabulary simultaneously.  I temporarily gave up learning Japanese and instead focused on my job and songwriting.  As a result even hiragana and katakana, which were so easy to learn, got really rusty.

何かを上手になろうとすれば、途中で壁みたいなところがある。初心者は早めにゼロからスタートするなので、次々とチャレンジをやつける。でも、必ずそう簡単に乗り越えない問題が現れる。英語のことわざの「初心者の幸運」で習い事の始まりには成功することが多いから、自分が上手になった錯覚になりやすい。私は仮名は楽勝だったと見て、余計なコンフィデンスがつき、漢字を甘く見て、実際にその大きな壁を見て、挑戦する気がなくなった。自分はダメだと判断し、しばらく他の興味にあることに集中した。When you start trying to get good at something you will discover that there are many walls along the way.  Beginners start at zero where challenges are easily overcome.  But eventually problems will arise that are not so easy to overcome.  The beginner’s luck that comes at when you start can create a false sense of your level as you quickly master the basics.  I thought that the kana were so easy, and it made me overconfident when approaching kanji.  So kanji became this epic wall of difficulty that killed my desire to learn Japanese.  I thought I was simply no-good, so I just gave up and moved on to other things.

ジョギングは40日連続してやめたり、作曲は数ヶ月やったりして、どれも初心者レベルだったので達成感が毎日感じる限り頑張っていた。「初心者の幸運」が全部尽くして、別のことに変わるというパターンだった。I started running for 40 days and quit, did songwriting for a few months before stopping, a beginner in both endeavors I continued until the feeling of easy improvement dried up.  As soon as my beginner’s luck ran out I simply began something else.

blogtop1

それから、また日本語の興味が復活して、早めに仮名を復習して、日本語学習ブログを読み始めた。その中「All Japanese All The Time」というのを気に入った。作家の勝元という人が独学で18か月で日本語をぺらぺらになったらしい。ブログは彼の学習法や考え方についての投稿が多い。私はそのブログを夜更かしに貪り読んでいた。After this period my interest in Japanese came back and I quickly boned up on the kana and began reading Japanese language blogs.  Among the ones I read one stuck out: All Japanese all the Time.  The writer, Khatzumoto learned Japanese to fluency on his own in 18 months.  The blog contains his learning methods and thoughts on language learning.  I fell in love with the blog and read it late into the evening.

AJATTはイマージョン環境の作り方については書いた投稿がある。イマージョン環境は何かというと、日本語の学習者はアメリカに滞在だとして、周りがすべて英語だとしても、自分で日本料理・本・テレビ・音楽で自分を囲まれて、日本語環境が作られること。私は勝元先輩ほど、一生懸命やっていなかったけど、自分なりのイマージョン環境を作り始めた。英語の音楽を聴かなくなって、床に寝るようになって、どんな食事でもお箸で食べて、いつでもiPodで日本語のポッドキャストや音楽を聴いて、部屋の壁がアニメ雑誌だらけにして、できる限り日本語環境を作ろうとした。AJATT has a post about creating your own immersion environment.  You might wonder what an immersion environment is.  Even if you live in America and everything is in English, you can choose to eat Japanese food, read Japanese books, watch Japanese TV and listening to Japanese music.  You can surround yourself with Japanese.  I didn’t do this to the same level as Khatzumoto but I did make my own immersion environment.  I stopped listening to English music, began sleeping on the floor, eating everything with chopsticks, always listening Japanese podcasts and music playing on my iPod, and even wallpapered my room with Japanese magazines.  I did my best to surround myself with Japanese.

51CL7ealBBL._SY344_BO1,204,203,200_

それから「Remembering the Kanji」というテキストと単語帳ソフト「暗記」で常用漢字の書き方と意味を勉強した。ブログの学習法による、漢字の意味さえ分かれば文章を読む時、初めて出会った単語の意味がうまく推測できるようになる。例えば「手袋」という単語がわからなくとも、漢字の意味から見れば「手の袋」を想像したら、意味は明らかになる。言葉の読み方はその後に調べてもいいらしい。そいう風に、私は漢字を勉強し始めた。I began using James Heisig’s “Remembering the Kanji” and Anki the electronic flashcard program to learn the meaning and writing of the kanji in isolation.  According to AJATT, if you can understand the meaning of the kanji you will be able to guess the meaning of new kanji words in context.  “手袋(glove)” is made of the characters “手(hand)” and “袋(bag)”, so you could guess that “hand-bag” either refers to gloves or a purse. The idea is that after you know the meanings of the kanji you can learn the readings later in context.  This is the method I used to study kanji.

残念なことに、私は夢中になる時、頑張りすぎ、全力を尽くして好きなことは思わずに嫌なことなる癖がある。3ヶ月の間に常用漢字の2100字を一気に勉強した。でもその後の計画は立っていなかったせいで、落ち込んでまた六ヶ月間、日本語を一切もしなかった。Unfortunately when I fall in love with something I tend to go overboard and burn myself out.  This has a tendency to turn things I love into things I hate.  I blew through 2100 kanji in about 3 months.  I didn’t have a goal after that so I just got depressed…I quit again for about 6 months.

私にはよくあるパターン。心配しないで、この話はまだ終わっていないから次の投稿を待ちしてください。This kind of thing happens to me a lot. Don’t worry my story does not end here, just this post.  Stay tuned!

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中