トロンボーンからギターから日本語 From Trombone to Guitar to Japanese

ギターを真面目に弾き始めたのは大学2年の頃だった。当時、婚約するところの彼女と別れて、二週間ほど号泣するばかりだった。それから、独りぼっちで彼女を見たらもっと孤独になってしまうから、彼女と違う教会を通い始めた。その以前も、キリスト教徒だったけど彼女を忘れるために、聖書を夢中になった。神様を近くため、教会に行くのがもちろん、お祈りサークルや聖書勉強会に行ったり、聖書の一部を暗記したりした。その背景で、ギターを練習して始めた。I first started playing guitar seriously in college.  At the time I had broken up with a girl I was about to propose to and was understandably crying my eyes out.  I was lonely so I started attending a church she wasn’t attending.  I was a Christian before that but I dived into the Bible to hard to help me forget her.  I started “focusing on God”.  I went to church, prayer circles, bible studies and began memorizing Bible verses.  Also, I began practicing the guitar.

教会の曲を弾けるように深夜まで寮の中に頑張って騒いでいた。母がくれたギターは安いアコースティックでピックアップがなかったせいで、バンドに参加できないと思っていた。2年生が終わってオレゴンへ親を会いに行って、仕事をして、夏の終わりに500ドルでアイバニーズのアコスティックエレキを買った。前より練習の分が増加し、教会のバンドのメンバーになるを目指した。I stayed up late into the night practicing to be able to play church songs.  The guitar I had was an old cheap guitar my mother gave me, it was acoustic with no pickups, making participation in a band rather difficult.  At the end of my second year I went to Oregon in the summer, worked my butt off and bought a $500 Ibanez Acoustic-Electric guitar.  I quickly doubled my practice and set my sights on joining the church band.

やっとバンドに参加したのは、ギターではなくトロンボーンでソロ役をやっていた。メンバーになったのでギターリストが休んだら私が代行した。彼は卒業し、私がリードした時が増えった。大学で専攻は音楽教育だったのに、やるべきだったトロンボーンの練習をサボっていて、ギターで楽しんでいた。やっぱり、1年遅く卒業した。卒業したらすぐさまトロンボーンをやめてギターだけを続いていた。When I finally joined a band it was playing solos on the trombone.  Since I was a member I was asked to play guitar and sing when the leader had to be absent.  After the leader graduated I played lead more and more.  Even though my major was in Music Education and I should’ve been focusing on the trombone I put it off and had fun with guitar instead.  Predictably I graduated a year late.  First thing I did was quit trombone and kept up playing the guitar.

ブログを見ればわかるかもしれないが、卒業したら興味は音楽から日本語に変わっていった。オレゴンで、一応ソングライターとしてしばらく頑張ったけど、だんだんと弾けなくなった。私の心には趣味一つしか余裕がないらしい。それでも、大事なものなのでギターを日本まで持って行った。アメリカに帰るための準備で、弾けなくなったそのギターはもう不要だと思って、長野市に売ってみた。だが、どの店でも500円ぐらいしかもらえないので腹が立った。気が変わって、やっぱり大切したものはただで売るわけには行けないから、逆にお金を払ってアメリカへ郵送した。You probably already know this if you read my blog, but after graduation my interests shifted from music to Japanese.  I did try to do some songwriting in Oregon for a while but I eventually started playing less and less.  It seems that there is only room in my heart for one interest at a time.  I did, however, bring my guitar all the way to Japan. However when I was preparing to return to America I considered selling it in Nagano City.  I tried but they only wanted to offer me $5, which made me angry.  I couldn’t just sell something that had been so precious to me for so little…so instead of making money, I spent money mailing it home.

100_0454

 

 

 

結局、トロンボーンのようにギターは完全にやめたわけではない、たまたまYouTubeチャンネルで私の下手くそギターを聞こえるよ。I didn’t totally quit the guitar like I did the trombone, you can hear me play horribly on my Youtube channel.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中