漢字ニックネーム Kanji Nicknames

私は漢字マニアなので、肌身離さずの方眼ノートで習字をするのがほぼ毎日。言葉の書き方を覚えられるため練習するのがもちろん、漢字で遊ぶこともある。例えば、バイト先でペンキを混ぜるための棒にマジックで漫画のセリフや複雑な字を書くこともある。もう一つの遊びはあて字を考えることだ。友達や知り合いの名前を漢字にするが多い。フィアンセのエミリーを「絵美里」と彼女の親友エリンのためにも「絵凛」というあて字は考えたのだ。言うまでもないが、自分の漢字ニックネームも作った。

As a (漢字 kanji) maniac I keep a notebook for practicing near me at all times and practice daily.  Of course this includes the writing of Japanese vocabulary, but I also try to have fun with my obsession.  At my part-time job I often write quotes from manga on paint sticks or doodle complicated kanji on any available writing surface.  Another way I like to have fun is giving words that have no dedicated kanji a kanji based on meaning or pronunciation.  Mostly this is just me writing kanji names for my family and friends.  I made this one for my fiancé Emilee “絵美里(Picture-Beautiful-Village)” and this one for her best friend Erin “絵凛(Picture-Dignified)”.  It goes without saying that I also have a kanji nickname for myself.

日本語は英語より発音が少ない言語で、母音は五つだけで子音は20個前後しか持っていない。だから「Johnathan Clyde(私の名)」の中、「th」と最後の発音「de(で)」と書いてあるが母音なし子音の「d」と発音される。日本語にしたら「tha」は「サ」に、「de」が「ド」に変わる。私の名をカタカナで書く時は「ジョナサン・クライド」。

Japanese has fewer sounds in it than English, there are only five vowels and about 20 consonants.  My name “Johnathan Clyde” has a “th” and a final “d” sound.  In Japanese my “tha” becomes “sa” and the final “d” becomes “do”.  So my name ends up sounding like “Jonah-sahn Koo-lai-dough”.

日本人同士なら家族や友達を除いて、名字で呼ばれるのが基本。ちょっと変だと思われる人もいるかもしれないが、日本には外国人は日本人と違って、ファーストネームで呼ばれるのが多い。もう知るかもしれないが、日本語では英語の「Mr./Ms.」みたいに「さん」は敬意を表すため名字につける言葉がある。それに従って、「坂本 晃」は坂本さんと呼ばれる。外国人を「さん」に付けることもあるが、名字ではなくファーストネームに付ける。英語で例えるなら「Robin Williams」が「Mr. Robin」になるようなものである。でも「ジョナサン」には「さん」はもうあるから、私のことが「ジョナ」だと間違える人が少なくなかった。そういう理由で、漢字ニックネームで「ジョナ」までに字を付けると決めた。何故ならばジョナは自然とジョナさんになるからだ。

Japanese refer to all but their closest friends and family members by their last name. Now this may seem strange, but foreigners in Japan are instead called almost exclusively by their first names. You probably already know this, but one Japanese substitute for “Mr./Ms.” is “san” and is attached to the last name for politeness.  Therefore Akira Sakamoto would be called Sakamoto-san by most of the people he knows.  Foreigners also sometimes get “san” attached to their names but usually to their first names.  Robin Williams would basically end up being called Mr. Robin.  My first name in Japanese already has a “san” at the end so a lot of people were confused and thought my name was “Jonah”.  For this reason I decided that my Kanji nickname wouldn’t contain “san” so that if people called me by my kanji first name and attached “san” for respect it would naturally end up sounding like “Jonah-sahn” anyway.

日本語順番にしたら「クライド・ジョナ」のためのあて字を考え始めた。最初、名字は「暗道」という字を考えたのが、自分は「暗い」と思わなかったからそれをやめた。日本人同僚と相談したら「蔵」という字を教えてくれた。彼女による日本らしく渋いイメージがするから、気に入った。「蔵井道」を見たらふた文字の方がいいと思い、それから2年間も名字を「蔵道」と書いた。

First I flipped my name into Japanese order (last, first) and focused on my last name first.  I came up with “暗道(dark-road)” but that was a bit too myopic for me so I asked a Japanese co-worker. She told me about a character “蔵(warehouse)”.  She said it was “very Japanese” and old-fashioned sounding, so I loved it immediately. Next I thought about at “蔵井道(Warehouse-Well-Road)” but I liked two characters better than three for Clyde, so I stuck with “蔵道(Warehouse-Road)” for over two years.

名前の「ジョナ」の「ジョ」と「ナ」は漢字辞典で調べたのが、「女名」や「助菜」のような変な意味がする名前らしくない字が出たばかり。「女の名前」の男と「助ける野菜」が面白かったがやっぱり別の手を使った。「ジョナ」ではなく「ショウネ」にしたら「翔音」「翔ける音楽」という意味の名をやっと発見した。

When I broke down “Jonah” into “joe” and “nah” and looked up kanji combinations I came up with embarrassing names like “女名(Woman-Name)” and “助菜(Help-Vegetable)”.  While these were quite funny to me, I used another strategy.  If I used “Show-neh” instead of “Jonah” I had a lot more options and I finally discovered “翔音(Soar-Sound)”.

「蔵道 翔音」は自作でとても好きなニックネームだったのに、また完成しなかった。音読み・訓読みは混ぜっているせいで、振仮名がなくて日本人が仕方なく「クラミチ・ショウン」とかに推測した。一旦「久來戸 翔音」に変わった。まあ、音読み・訓読み問題が消えなかったの上に、「蔵」が寂しかった。「翔音」の「音」も女性の名前でしか見たことがないので、ニックネームはまた変わる。

“蔵道 翔音(Warehouse-Road, Soar-Sound)” was a really cool home-brew name but it was still not perfect.  Kanji have a Chinese and a Japanese reading and you generally don’t mix Chinese and Japanese readings within the same word.  The name I made did that for my first and last name so Japanese people had a lot of trouble accurately reading it.  Instead of “Koola-Dough Show-neh” people might guess “Koola-Me-Chee Shown”, so for a while I switched to “久來戸 翔音(Long Time-Come-Door Soar-Sound)” to make it easier.  But…I really missed “蔵(Warehouse)”…also the “音(Sound)” is typically only used in girls names.  So I changed it yet again.

「蔵戸 翔(クラド・ショウ)」なら充分読みやすく男らしい名だと思う。

“蔵戸 翔(Warehouse-Door Soar)” is easy enough to read and sounds more manly.

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中